1. ホーム
  2. 子宮筋腫と向き合うために
  3. 食生活を見直してみる

食生活を見直してみる

子宮筋腫と食生活の関係は、医学的には解明されていませんが、
女性ホルモンのバランスは食事によって大きく影響を受けます。

健康的な食生活を続けることは体調を整え、
子宮筋腫から来るさまざまな症状を軽くする効果が期待できます。

食生活を改善することは生活習慣病の予防にもなりますから、
より深刻な病気を防ぐためにも実践しましょう。

動物性脂肪を減らす

動物性脂肪は、エストロゲンを増やして子宮筋腫を増大させると言われます。
また、子宮体ガンは動物性脂肪を好む女性に多く見られるそうです。

肉や卵、乳製品などには動物性脂肪が多く含まれるので注意しましょう。
動物食はできるだけ魚介類で摂るようにすると、健康的な食生活になります。

肥満を防ぐ意味でも、
肉類を中心とした食生活をしている人は、
少しずつでも改善していくようにしましょう

鉄分を多く摂る

子宮筋腫の症状として、過多月経による貧血は辛いものです。

貧血を改善するには鉄分を多く摂ることが必要です。
過多月経で失う血液は非常に多いため、
食事から摂る鉄分だけでは対処しきれませんが、
多少の改善にはなり得ます。

レバー、ほうれん草、春菊、ひじき、しじみ、牡蠣など、好き嫌いが分かれる食品には鉄分が多く含まれるものが多いので、
可能なものであれば意識的に食べるようにしましょう。

大豆がエストロゲンを調整する

大豆に含まれるイソフラボンには、
エストロゲンの分泌を調整してくれる働きがあると言われます。
そのため、子宮筋腫のみならず、乳ガンや更年期障害など、
女性の病気や症状の緩和に役立ちます。

ホルモンバランスを調整すれば、
それだけで特別な治療をせずに治ってしまう場合もあります。

また、大豆には鉄分も多く含まれるため、貧血の予防にもなります。
納豆や豆腐、豆乳などの大豆食品を積極的に取り入れると、
健康的な食生活を送れるようになります。