1. ホーム
  2. 子宮筋腫の症状

子宮筋腫の症状

子宮筋腫の症状は、発生場所によって傾向が異なります。

子宮の内側に発生する筋層内筋腫や粘膜下筋腫は、
過多月経やそれに伴う貧血が頻繁に起こります。

また、子宮の外周から発生する漿膜下筋腫は、
他の臓器を圧迫することによる下腹部の痛みや、
各臓器の機能障害が起こり得ます。

月経異常

子宮の内側に筋腫ができている場合、最も起こりやすい症状が、
過多月経・大出血・月経痛といった、月経異常です。
月経時の出血量がひどい、または強い痛みを感じるようであれば、
子宮筋腫が原因の可能性があります。

体調不良・痛み

過多月経による貧血は、子宮筋腫を抱えるほとんどの女性に起こります。
また、筋腫が大きくなったり、壊死・感染を起こすと、
下腹部に強い痛みが起こることもあります。
下腹部が痛みだしたら、病症が悪化している可能性が高いので、
経過観察ではなく何らかの治療が望まれます。

圧迫による機能障害

主に漿膜下筋腫で起こることですが、
筋腫によって子宮近辺の臓器や器官が圧迫され、
それぞれの機能に障害が出てくることがあります。
特に尿管が圧迫されると、
尿として排出されるはずの毒素が体内に溜まり、死に至る可能性もあるので、
大きくなった漿膜下筋腫は高い危険性を秘めています。