1. ホーム
  2. 子宮筋腫の手術療法
  3. 子宮全摘術

子宮全摘術

子宮全摘術は、子宮を丸ごと摘出することにより、
すべての筋腫をもらさず排除する根本治療法です。

子宮筋腫から起こる諸症状が完全に解決されるうえ、
子宮筋腫核手術ほど時間や手間はかからず、
出血量や術後の後遺症も少なくて済みます。

そして何より、今後、子宮筋腫が発生する可能性は皆無となります
身体の健康を第一に考えるのならば、
筋腫だけを除く子宮筋腫核手術よりもはるかに優れている手術方法です。

開腹する子宮全摘術

子宮全摘術を受ける場合、子宮だけを摘出するか、
卵巣も含めて摘出するかという選択肢があります。

単純子宮全摘術

単純子宮全摘術は、卵巣を残して、子宮の部分のみを取り除く全摘術です。
子宮筋腫であれば、通常はこの手術で十分です。
子宮を取り除くので妊娠はできなくなりますが、
卵巣は残っているので女性ホルモンは正常に分泌され続けます。

広範子宮全摘術

広範子宮全摘術は、卵巣を含めて子宮を取り除く全摘術です。

子宮肉腫や子宮ガンなど、転移が心配される悪性腫瘍がある、
またはその疑いがある場合は、卵巣も取り除くことが望まれます。

卵巣を取り除いた場合、
女性ホルモンが分泌されなくなるので、
更年期障害と同じ症状が表れます

女性にとっては最も精神的苦痛の多い手術かと思われますので、
十分に納得した上で手術に臨んで下さい。

なお、女性ホルモンの一部は副腎皮質でも生成され、
ホルモン剤を使用することで補うこともできるので、
女性ホルモンを永久に失うようなことはありません。

膣からアプローチする全摘術

子宮全摘術といえども、開腹せずに行える場合もあります

膣の奥を切開して広げ、子宮を支える靱帯を切り離し、
中から子宮を引き出した後で膣の奥を縫合するという方法です。

開腹しないだけ、体へのダメージを最小限にとどめることができます。

この方法は、筋腫が大きくて子宮が膣の奥をくぐれない場合や、
癒着があって子宮を動かせない場合には適用できません。