1. ホーム
  2. 子宮筋腫の手術療法
  3. 子宮筋腫核手術

子宮筋腫核手術

子宮筋腫核手術は、子宮を残して筋腫だけを除去する手術方法です。
症状は重いけれど子宮を失いたくない、または妊娠を希望する女性は、
この手術を希望することが多いでしょう。

ただ、子宮筋腫核手術は子宮全摘術よりも多くのデメリットを抱えています。
筋腫核手術には開腹せずにできる方法もあり、
その方法が適用できる場合は負担がだいぶ少なくなります。

全摘出よりも難しい開腹手術

開腹による子宮筋腫核手術は、
メスで下腹部を開き、子宮筋腫の表面の筋層を切開し、
筋腫を引っ張り出した後に傷口を縫い合わせます。

一般的に子宮全摘術よりも難しく、
患者の立場から見ても負担になる要素が多い方法です。

筋腫の数だけ手術を繰り返す

子宮ごと取り除く子宮全摘術と比べると、
子宮筋腫核手術は筋腫ひとつひとつを取っていかなければならないため、
手術には時間を要し、出血量も多くなります。
筋腫の数が多く細かいほど、手術の難易度は上がっていきます。

小さな筋腫が子宮の広範囲にわたって多数発生している場合などは、
子宮筋腫核手術は適用できません

出血量・後遺症が多い

手術時間が長いということは、それだけ出血量が多く、
術後の回復も時間を要するということになります。
筋腫を取り除いたところに癒着が起こりやすく、
子宮と腸などがくっついてしまうことがあります。

再発する可能性がある

子宮筋腫核手術では、すべての筋腫を取り除けるとは限りません。

特に小さな筋腫は取り除けないことがありますし、
子宮筋層が薄くなってしまわないように、
筋腫を残さざるを得ない場合もあります。

子宮筋腫核手術では、
取り除けなかった小さな筋腫が成長して、
再発するリスクがある
ことを忘れないで下さい。

手術後の出産は帝王切開になることも

開腹手術で筋層内から子宮筋腫を取り出した場合、
子宮筋層が薄く弱くなっています。

この状態で妊娠した場合、
赤ちゃんが大きくなるにつれて子宮の筋肉が突っ張っていき、
子宮が破裂する恐れがあります。

こうなると、胎児にも母体にも非常に危険な状態であるため、
帝王切開が必要になります。

子宮筋腫核手術を受ける場合は、術後の子宮筋層の状態がどうなるか、
自然分娩が可能であるかどうかも確認しておきましょう。

子宮鏡下筋腫核手術 (粘膜下筋腫のみ)

子宮鏡下筋腫核手術とは、
膣から子宮鏡と先端がループ状になっている電気メスを入れて、
粘膜下筋腫を削り取る手術です。

開腹せずに行えるため、
出血量も少なく、術後の後遺症も少なくすることができます。

しかし、この手術は粘膜下筋腫にしか適用できません。
また、粘膜下筋腫であっても、
電気メスのループをくぐれない大きさの筋腫を取り除くことはできません。
そのため、取り除けなかった筋腫が成長して再発する可能性があります

子宮鏡下筋腫核手術は、
子宮筋腫の手術の中では最も負担が軽い部類に入りますので、
粘膜下筋腫がある場合は、検討する価値はあるでしょう。

大きな粘膜下筋腫であっても、
ホルモン剤を使って一時的に小さくすれば、
この手術が可能になる場合もあります

腹腔鏡下子宮筋腫核手術 (漿膜下筋腫のみ)

腹腔鏡下子宮筋腫核手術は、おなかに数カ所の穴を開け、
そこに腹腔鏡と手術器具を入れて、
モニターに筋腫の様子を映し出しながら行う手術です。

開腹せずに子宮の外側から細い器具でアプローチするため、
対象は漿膜下筋腫の中でも小さいものにかぎられます。

微妙な作業になるため、手術にはかなりの時間を要することになり、
この手術ができる医療施設は多くありません。

モニターの拡大画像を見ながら行えるため、
正確な手術ができて再発の可能性が少ないと言われます。