1. ホーム
  2. 子宮筋腫があると分かったら
  3. 最新の治療法

最新の治療法

子宮を全摘するのは耐え難い、あるいは子宮を失わなくても、
お腹にメスを入れるのは恐いという人は多いと思います。

実際、手術というものは体に大きなダメージを与える治療法ですから、
本能的に嫌悪感が表れるのは当然のことです。

そこで、荒っぽい手術に頼らない、子宮筋腫の最新治療法を紹介します。
開腹手術がどうしても嫌だという場合は、これらの方法を検討してみて下さい。

子宮動脈塞栓術 (UAE)

子宮動脈塞栓術 (UAE = Uterine Artery Embolization) とは、
子宮動脈に塞栓物質を入れて血流をストップさせて、
子宮筋腫を壊死させる治療法です。

手術の一種ではありますが、お腹や子宮にメスを入れることなく、
ごく小さな切開で行えるメリットがあるため、
最新の治療法の中では最も注目を集めています。
子宮動脈塞栓術について

集束超音波治療 (FUS)

集束超音波治療 (FUS = Focused Ultrasound Surgery) とは、
子宮筋腫に対して超音波のエネルギーを集中させ、
筋腫を焼いて小さくさせる治療法です。

音波による治療なので、体にメスを入れたり穴を空けたりする必要はなく、
麻酔も入院も必要ありません。

専用装置の上にうつぶせになったまま、下腹部に超音波を照射し、
およそ4時間くらいかけて子宮筋腫を焼いていきます。

治療後は軽い腹痛などが起こる程度で、体への負担が非常に小さく、
快適な治療法と言えますが、大きな子宮筋腫は焼き切れないこともあり、
再発の可能性は否定できません。

この治療法は筋腫をなくすことではなく、
筋腫を小さくして症状を軽くすることを目的としているため、
治療後に筋腫が再び大きくなってしまうこともあります。

また、健康保険が適用されず、治療費に50万円以上はかかります。
さらに、実施できる医療機関も少ないので、簡単に行える治療ではありません。

マイクロ波子宮内膜焼灼術 (MEA)

マイクロ波子宮内膜焼灼術 (MEA = Microwave Endometrial Ablation) は、
細いコテのような器具を膣から入れてマイクロ波を発生させ、
子宮内膜を焼く治療法です。

子宮筋腫ではなく子宮内膜を壊死させて、
過多月経などの症状をなくすことを目的としたものであり、
子宮筋腫を治療するわけではありません。

また、子宮内膜がなくなれば当然妊娠もできなくなるため、
妊娠を希望する場合は行えません

手術は数分の間に終わり、痛みも少なく、
手術直後から月経がほとんど起こらなくなるので、
症状の改善という点では即効性が高い治療方法です。