1. ホーム
  2. 子宮筋腫があると分かったら
  3. 薬物療法

薬物療法

薬物療法は、子宮筋腫によって起こる辛い症状を薬で軽減する方法です。

薬物療法はあくまでも症状を和らげる効果のみであり、
子宮筋腫を根本から解決することはできません

また、薬を投与するのですから、副作用も当然に起こります。
ここで紹介する方法は、急に耐えがたい症状が表れたときの、
一時的な苦痛解消法と考えて下さい。

対症療法

子宮筋腫によって起こる症状を軽くする薬です。
筋腫を持ちながら生活するのであれば、
月経痛と貧血には常に対応できるようにしておきましょう。

鎮痛剤
強い月経痛が起こったときに痛みを抑える目的で使います。
同時に胃腸障害が起こることもあるため、胃痛が出たら医師に相談しましょう。
鉄剤
貧血対策に使います。
飲み薬で改善が見られない場合は、
注射によって鉄分を直接注入する方法もあります。
漢方薬
多種多様な薬があることで知られる漢方薬の中には、
子宮筋腫の症状をやわらげるものもあります。
体力がある人には桂枝茯苓丸 (けいしぶくりょうがん) 、
軟弱な人には当帰芍薬散 (とうきしゃくやくさん) などが主に使われています。

漢方薬は副作用が出ない?

漢方薬は副作用が出ない、または少ないとよく言われますが、
これは必ずしもそうではありません。

本来、漢方薬は患者の体質に合わせて、
さまざまな薬を組み合わせ、患者一人一人に合うように作るものです。
そのようにオーダーメイドで作られた漢方薬ならば、
副作用を最小限にとどめることができるでしょう。

しかし、実際には薬局などで、
すでに出来上がってしまっているものを大衆向けに販売していることが多く、
その場合は一般の薬と同様に副作用が出るでしょう。

ホルモン療法

ホルモン療法は、女性ホルモンのバランスを操作する薬を使う治療法です。

子宮筋腫の成長を促すとされるエストロゲンの優位性を下げることにより、
子宮筋腫を小さくする、または症状をやわらげる治療法です。
ホルモンを直接コントロールするため、高い効果が期待できる一方、
ホルモンバランスが不安定になって深刻な副作用をきたすこともあり、
治療には慎重を要します。

子宮筋腫の治療でよく使われるホルモン剤は、次のようなものです。

Gn-RHアゴニスト
エストロゲンの分泌量を低下させて、閉経状態を作るホルモン剤です。
月経が止まるので子宮筋腫の成長が抑えられ、
過多月経による月経痛や貧血などの症状もだいぶ楽になります。
しかし、閉経状態になることによって、
更年期障害と同じ症状が出てしまうことが多く、
長期にわたる服用はできません (6ヶ月以内) 。
服用をやめると、筋腫はすぐに元の大きさに戻ってしまいます
閉経が近い年齢であれば、時間を稼ぐのに有効な手段といえますが、
若い女性にはおすすめできません。
低用量ピル
妊娠時と同じような状態を作り、月経や排卵を抑えるホルモン剤です。
これにより、過多月経や月経痛といった症状を軽減することができます。
ピルはエストロゲンとプロゲステロンを配合した薬ですが、
低用量ピルの場合はエストロゲンの配合量が少ない (50μg未満) ため、
プロゲステロンが優位になって、
子宮筋腫の症状改善に効果があると言われています。
ただし、副作用として血栓症や吐き気、体重増加などが懸念されますので、
医師の指示に従って服用する必要があります。