1. ホーム
  2. 子宮筋腫があると分かったら

子宮筋腫があると分かったら

子宮筋腫は原因が分かっていないゆえに確実な予防法もないため、
私たちにできる最善策は、筋腫が発生したときに適切な対処をすることです。

子宮筋腫は、それ自体は病的な要素を持たない良性腫瘍ですから、
対処には経過観察も含めて、さまざまな選択肢があります。

しかし、大切な子宮に筋腫という異物ができてしまったショックから、
正常な判断ができなくなってしまうこともあるかもしれません。

その場合も、冷静になって自分の現在の様子を見極めることが大切です。

現在どんな症状が出ているか。
その症状は日常生活に支障が出るレベルか。
症状は日ごとに悪化しているのか。

自分のライフプランにどのような影響があるかを十分に考えた上で、
次のような対処方法を検討して下さい。

経過観察

治療をせずに、まずは様子を見るという選択肢です。
「子宮筋腫があるからすぐに手術」などということは断じてありません。
手術が必要なケースは、よほど症状が重い場合に限られます。
特に症状がない場合は、定期検診をして筋腫の様子をチェックし、
悪化して辛い症状が出た場合のみ治療するようにします。

薬物療法

鎮痛剤・鉄剤・漢方薬などを使って、
子宮筋腫から起こる各症状に対処する対症療法です。
ホルモン剤を使えば、エストロゲンの分泌を調整して子宮筋腫を小さくすることも可能ですが、その効果はあくまで一時的なものです。

最新の治療法

子宮筋腫は、症状が強い場合は手術を余儀なくされることになります。
しかし、そんな女性たちに期待されている、最先端の治療技術も存在します。
それら最新の治療法は、いずれも体へのダメージが少ないのが特徴です。
中でも子宮動脈塞栓術 (UAE) は、再発のリスクも低い優れた治療技術です。

適切な治療法を選ぼう

子宮筋腫には多くの治療法があります。
ただ忘れてはならないのは、薬や手術によって治療する方法は、
程度の差こそあれ、副作用や後遺症がつきものだということです。
治療後に「こんなはずでは……」という悔いを残さないためには、
自身の子宮筋腫の状態と各治療法の特徴をよく知ることが大切です。