1. ホーム
  2. 子宮筋腫と似た症状が出る病気
  3. 子宮腺筋症

子宮腺筋症

子宮腺筋症は、子宮筋層内に子宮内膜が入り込む病気です。
子宮筋層に発生する子宮内膜症と考えてもかまいませんが、
厳密には発生原理が異なるため、子宮内膜症とは区別されます。

子宮腺筋症は子宮内膜症と同様、月経とともに病気が進行していきます
30~50代前半くらいに多い病気です。

非常に強い月経痛

子宮腺筋症にかかると、子宮筋層内に不正にできた子宮内膜の組織が、
月経のたびにはがれ落ちるようになります。
これにより、子宮筋層を傷つけるため、非常に強い月経痛が起こります。
また、通常よりも出血量が多くなります。

この出血したところを治すために瘢痕 (はんこん) という硬い組織が形成され、
これを繰り返すことによって子宮全体が肥大化していってしまいます。

結果的に排卵や着床環境が悪化するため、不妊症にもなりやすくなります。

病巣を取り除くのは難しい

子宮腺筋症は子宮筋層の全域にまたがって発生するため、
病巣を完全に取り除くには子宮全摘術しかありません。
部分切除では、一時的に治るだけで確実に再発してしまいます。

月経を抑えるホルモン剤も副作用が強いため、使用し続けることは困難です。

子宮を取り除く以外に確実な治療法が見つかっていないと言われますが、
子宮内膜症と同様に、ホルモンバランスを整える方法で改善できるという報告があります。