1. ホーム
  2. 子宮筋腫と似た症状が出る病気
  3. 子宮肉腫

子宮肉腫

子宮筋腫が良性腫瘍であるのに対し、
子宮肉腫
は子宮内にできる悪性腫瘍です。

他の部位に転移し、放置すると命の危険がある深刻な病気ですが、
発生率は非常に低いため、通常は心配する必要はありません。

肉腫とガンの違いは?

肉腫とガンはどちらも悪性腫瘍ですが、
ガンは上皮組織から発生するのに対し、肉腫は上皮組織以外から発生します。
子宮肉腫の場合は、子宮内膜や子宮筋層内から発生します。

このように発生する場所と発生経過に違いがあるだけで、
肉腫の振る舞いはガンそのものです。

子宮筋腫と見分けがつきにくい

子宮肉腫には、子宮内膜に発生するものと子宮筋層内に発生するものがあり、
特に筋層内にできた肉腫は、
発生場所が筋腫と同じで、外見もとてもよく似ています。

そのため、通常の検査では見分けがつかないことがほとんどです。
子宮肉腫は発生率が極端に低いとはいえ、
万一のことを考えると、この発見の難しさが命取りになります。

腫瘍を取り出して組織を精密検査することで、
筋腫か肉腫かを判断することができます。

持続した月経痛や下腹部の痛み

子宮肉腫も筋腫と同様、過多月経などを起こし、月経痛が起こります。
また、大きくなることによって周囲を圧迫し、下腹部の痛みも起こります。

子宮筋腫の場合と異なるのは、肉腫は女性ホルモンが関係しないため、
月経時以外も持続して痛みやすいことです。
さらに、血の混じった褐色や黄色のおりものが出ることもあります。

女性ホルモンに関係なく成長する

子宮筋腫は女性ホルモンのエストロゲンによって成長が促されるため、
閉経後の女性にはほとんど発生せず、
それまであった筋腫も小さくなっていきます。

それに対し、子宮肉腫は女性ホルモンに関係なく成長するため、
閉経後であっても構わず成長を続けて大きくなるのが特徴です。

閉経年齢になっても、子宮筋腫と思われるものが小さくならず、
逆に大きくなっていくようであれば、
子宮肉腫の可能性があるので要注意です。

1カ所にできて成長が速い

肉腫と筋腫は見た目で区別がつきにくいのですが、
成長のしかたに明らかな違いがあります。

まず、子宮筋腫のほとんどが複数箇所にいくつも発生しやすいのに対し、
子宮肉腫はたいてい1カ所のみに発生します
また、子宮肉腫は子宮筋腫よりも成長速度が速く、
短期間で大きくなります。