1. ホーム
  2. 子宮筋腫と似た症状が出る病気
  3. 子宮内膜症

子宮内膜症

子宮内膜症とは、子宮内膜以外のところに、
子宮内膜と同じ組織が形成されてしまう病気です。

主に骨盤内・子宮周辺の臓器に発生します。
子宮筋腫と並んで多くの女性を悩ませる元凶になっています。
強い月経痛が起こるのが特徴です。

子宮内膜症の専門サイトで詳しく解説しています。

月経とともに進行する病気

子宮内膜症も、困ったことに明確な原因が分かっていない病気のひとつです。

ただ、子宮内膜の増殖が不正な場所で起こる病気であるため、
月経とともに病症が悪化していく
ことが分かっています。

晩婚化と子どもを産む回数が減っている昨今では、
子宮筋腫と同様に若い女性にも好発するようになった病気です。

癒着による強い月経痛

通常の子宮内膜は月経時に膣を通って体外に排出されます。

しかし、子宮内膜症によって他の部位にできた子宮内膜のような組織は、
体外への出口がありませんから、腹腔内に溜まっていきます。

この溜まった排出物が周辺の臓器などと癒着を起こし、
月経時の強い痛み (下腹部の痛み) や腰痛の原因になります。
癒着が多くなればなるほど、痛みも激しくなります。

子宮筋腫でよく起こる過多月経などの不正出血が起こらず、
下腹部の痛みばかりが起こる場合は、漿膜下筋腫の場合もありますが、
この子宮内膜症も疑ってみたほうがよいでしょう。

チョコレート嚢胞とは?

子宮内膜症が卵巣の内部に発生すると、嚢胞を形成し、
その中に血液が溜まり込んでチョコレートのような色になります。
これをチョコレート嚢胞と呼び、卵巣にできる子宮内膜症です。

卵巣で子宮内膜症が発症すると、卵管と癒着を起こしたりして、
排卵が困難になり、不妊の原因になります。

また、最悪の場合は悪性化して卵巣がんになるリスクもあります。
子宮筋腫は悪性化しませんが、
卵巣にできた子宮内膜症の場合は低確率ながらも悪性化するので、
十分注意しなければなりません。

完治が難しい病気

現在のところ、子宮内膜症の発生を完全に阻止するには、
子宮内膜が増殖しないようにする、つまり月経をなくすしかありません。
妊娠したり閉経を迎えたりすれば月経がなくなりますが、
いずれも自分の意思でできることではありません。

ホルモン剤を投与して月経を抑える方法もありますが、
一般的にホルモン剤は副作用が強いため、継続使用は困難です。

手術によって病巣を除去したとしても、子宮と卵巣を取り除かなければ、
再発の可能性が高い非常にやっかいな病気です。

子宮をすべて摘出すれば完治しますが、それを望まない場合は、
ホルモンバランスを整える方法
で改善する必要があります。