1. ホーム
  2. 子宮筋腫と似た症状が出る病気
  3. 子宮ガン

子宮ガン

子宮ガンは子宮の粘膜や粘膜上皮に発生するガンです。
その名前が表すとおり、
子宮から他の部位に転移して全身を冒していく恐ろしい病気です。

子宮筋腫や肉腫は筋層内に発生しますが、
子宮ガンは表面に近いところに発生するため、
検査すれば見分けは簡単につきます。

子宮ガンは発生する場所によって、子宮頸ガン子宮体ガンに分かれます。
子宮頸部に発生するか子宮体部に発生するかの違いですが、
その発生経路や発生年齢は大きく異なります。

子宮頸ガン ― 若い女性も注意

子宮頸ガンは子宮頸部、つまり子宮の入り口付近から発生するガンです。
発症年齢は幅広く、20代後半から50代くらいまで発生し、
近年では30代女性の発症率が増えているようです。

ウイルスによって発生するガン

子宮頸がんはヒトパピローマウイルス (HPV) というウイルスに、
持続的に感染することによって発生するガンです。

このウイルスは性交時に感染し、通常は免疫によって撃退されますが、
感染が長期化すると細胞が異変を起こし、ガンが発生します。

不特定多数の男性と体の関係を持つ女性は感染の機会が多くなるため、
特に注意が必要です。

進行しないと症状が表れない

初期の子宮頸ガンはほとんど症状がなく、ある程度の進行ガンになってから、
性交痛をはじめ、不正出血・おりものの増加・下腹部の痛み・腰痛・排尿障害といった子宮筋腫によくある症状が出るようになります。

一方で、子宮の上皮から発生する特性上、
検査は上皮組織を採取するだけでよく、
検診を受けていれば子宮筋腫よりも発見しやすい病気です。

子宮体ガン ― 閉経後の女性は注意

子宮体ガンは子宮内膜から発生するガンです。
主に、50~60代といった閉経後の女性に発生します。

エストロゲン依存性のガン

子宮体ガンはウイルスとは関係なく、
エストロゲンの多量分泌によって引き起こされるガン
です。

したがって、出産回数が少ない、動物性脂肪の摂りすぎなど、
子宮筋腫と同じ原因で発生率が高くなります。

そのほかに、高血圧・心臓病・糖尿病・肥満などの生活習慣病を患っている女性に好発するとも言われます。

閉経までに子宮筋腫ができていた女性は、
閉経後もこの子宮体ガンに注意する必要があります。

閉経後の不正出血

子宮体ガンの主な症状は、不正出血やおりものの異変などです。
そのほかに、排尿障害や性交時の痛みなども起こり得ます。

閉経しているはずなのに出血が見られる場合は、
月経によるものではなく、子宮体ガンによる可能性がありますので、
早めの受診が望まれます。