1. ホーム
  2. 子宮筋腫の基礎知識
  3. 子宮筋腫の種類

子宮筋腫の種類

子宮筋腫は子宮のどの部分に発生したものかによって、
それぞれ名称が異なり、症状や治療法も変わってきます。
大きな分類としては、子宮の体部 (子宮口の内側) にできる筋腫は体部筋腫
子宮の頸部 (膣口から子宮口まで) にできる筋腫は頸部筋腫と呼ばれます。

なお、子宮筋腫が1箇所のみにできるケースは少なく、
いくつかの場所に同時発生していることがほとんどです。

体部筋腫

体部筋腫は子宮の内部にできる筋腫で、
子宮筋腫を発症した女性の約9割を占めます。

体部筋腫は、子宮内部の発生した場所によって、さらに3種類に区別されます。
発症頻度が高い順に紹介しましょう。

  • 筋層内筋腫、漿膜下筋腫、粘膜下筋腫
筋層内筋腫 漿膜下筋腫 粘膜下筋腫

筋層内筋腫

子宮の外側にも内側にも向かわず、子宮筋層内で成長する筋腫です。
体部筋腫の中で最も多いタイプで、全体の7割以上を占めます。

筋腫によって子宮筋層が膨れ上がり、
月経の出血量が増えたり月経痛がひどくなるなどの症状が出ます。
また、筋腫が大きくなると卵管が圧迫されることもあり、
これが不妊の原因になることもあります。
妊娠時に大きくなってしまった場合は、子宮内膜の安定性が崩れ、
流産や早産の危険もあります。

漿膜下筋腫

子宮の外側を覆っている漿膜 (しょうまく) から飛び出して成長する筋腫です。
発生頻度は全体の2割程度です。

子宮の内側には向かわないため、
受精卵が着床する子宮内膜への影響は少なく、
不妊の原因にはなりにくいとされています。

ただし、卵管の近くに大きめの漿膜下筋腫ができている場合は、
卵管を押しつぶして卵子や精子の通行を妨げ、
不妊につながる可能性があります。

漿膜下筋腫は、小さいうちは月経痛や過多月経などの自覚症状も少なく、
生活への悪影響が少ない筋腫と言えるかもしれません。
しかし、それだけに筋腫が大きくなるまで気づかないことが多く、
発見が遅れやすいタイプなので注意が必要です。

筋腫が大きくなると、子宮の外側にある膀胱や直腸を圧迫し、
頻尿症や便秘などを引き起こすことがあります。

粘膜下筋腫

子宮内膜から顔を出して、子宮の内側に向かって成長する筋腫です。
発生頻度は1割程度となっています。

子宮内膜を直撃するタイプの筋腫のため、不妊の原因になりやすく、
小さいものであっても過多月経などの症状が出やすいのが特徴です。

頸部筋腫

頸部筋腫は、子宮頸部 (子宮の入り口) にできる筋腫で、
発症率は全体の5%程度という低確率です。
しかし、発症してしまった場合は深刻な症状が出ます。

子宮頸部は出産時に胎児が出るための通路のため、
筋腫が邪魔していると帝王切開が必要になることもあります。

また、子宮頸部は尿管に非常に近い部分であるため、
ここに筋腫ができると尿管を圧迫するため、
排尿障害・腎水腫などを引き起こすことがあります。

頸部筋腫は手術に際しても、
近くを通る尿管を傷つけないようにする必要があり、
子宮の浅い部分にできる筋腫であるにもかかわらず、
手術の難易度が高くなります。

子宮筋腫には有茎のタイプもある

子宮の外側や内側に向かって成長する筋腫、
すなわち漿膜下筋腫や粘膜下筋腫の中には、
茎のついているタイプもあります。

茎がある筋腫は、その茎がねじれたり折れ曲がったりすることによって、
非常に稀ですが、壊死を起こして激痛に見舞われることがあります。

また、粘膜下筋腫が茎を持っている場合、
茎が下方向に伸びていって子宮口から飛び出すことがあります。
こうなると、子宮が異物を外に押し出そうとするため (筋腫分娩) 、
陣痛のような痛みが起こります。
筋腫分娩の状態になると、不正出血の症状が多く出るようになります。