1. ホーム
  2. 子宮筋腫の基礎知識
  3. 妊娠・出産に与える影響

妊娠・出産に与える影響

子宮筋腫がある場合、妊娠や出産は正常にできるのでしょうか。
特に若い女性の子宮筋腫が増えた昨今では、
この悩みは急速に深まっているといえるでしょう。

子宮筋腫が原因で妊娠や出産ができなくなるケースは、
それほど多くありません

子宮筋腫があっても問題なく妊娠し、子どもを産んでいる女性は多くいます。
その理由としては、妊娠・出産に支障が出る子宮筋腫は、
発生率の低い筋腫か、よほど悪化している筋腫に限られるからです。

妊娠・出産に悪影響を与える筋腫とは

妊娠は子宮内膜に受精卵が着床することで成立し、
出産時は胎児が子宮の下部から膣を通って出てきます。
つまり、子宮内膜や産道の環境を悪くする筋腫は、
妊娠や出産に悪影響を与えやすいと言えます。

具体的には次のような筋腫です。

子宮内膜を変形させる筋腫

一言でいえば粘膜下筋腫です。
粘膜下筋腫は、子宮内膜の表面から発生して大きくなっていくため、
子宮内膜が変形して受精卵が着床できなくなることがあります。

粘膜下筋腫の発生頻度は、子宮筋腫の中でも1割程度と低めですが、
この筋腫が発生している場合は、不妊になる可能性が高いといえます。

産道に発生した筋腫

頸部筋腫など、子宮の入り口付近などにできた筋腫は、
出産時に胎児の通り道を妨害するため、妊娠には影響はありませんが、
自然分娩ができなくなることがあります。

この場合は帝王切開によって胎児を取り出すことになります。

感染・炎症を起こしている筋腫

これも起こる可能性は低いことですが、
子宮筋腫が感染や炎症を起こすと、子宮収縮を起こし、
流産や早産になりやすくなります。

妊娠中に筋腫が原因と思われる強い痛みを感じた場合、
感染・炎症の可能性を考えて、直ちに医師の診察を受けるようにしましょう。