1. ホーム
  2. 子宮筋腫の基礎知識
  3. 子宮筋腫はなぜできるのか

子宮筋腫はなぜできるのか

子宮筋腫で悩んでいる女性は多く、
女性特有の病気の中で最も多く発症している病気でもあります。

それだけ予防方法が求められるわけですが、
残念なことに子宮筋腫が発生する明確な原因は、
現在の医学では分かっていないのです。

女性ホルモンが子宮筋腫を育てる?

ただ1つだけ明らかなことがあります。
それは、女性ホルモンが子宮筋腫の成長を助けているということです。

子宮筋腫は月経がまだ始まっていない女児や、
閉経後の女性にはほとんど発生しないという事実があります。

初経前の女児や50代以降の女性にも、子宮筋腫の「芽」はあります。
ただ、その芽は女性ホルモンによって大きくなるため、
女性ホルモンの分泌が少ない子どもや高齢の女性の場合は、
その芽が成長して筋腫と言える大きさになることはまずありません。

つまり、女性ホルモンの分泌がほとんどない女性は子宮筋腫ができず、
逆に女性ホルモンの分泌が盛んな20代~40代の女性は、
子宮筋腫ができやすいということが言えます。

月経と女性ホルモンの関係

当サイトを見ている人の中には、
パートナーの子宮筋腫が心配な男性の方もいらっしゃるかと思いますので、
月経と女性ホルモンについて簡潔に説明しておきましょう。

女性ホルモンには次の2種類があります。

  • エストロゲン (卵胞ホルモン)
  • プロゲステロン (黄体ホルモン)

これらはいずれも、子宮の左右両側についている卵巣から分泌されます。

エストロゲンで排卵

まず、エストロゲンが卵巣内の卵胞を成熟させて排卵を促します。
つまり、卵子を放出させて、精子が入ってくるのを待つことになります。

精子が入ってきて受精卵ができあがったら、
今度はそれが着床する場所が用意されていなければなりません。
そこでプロゲステロンの出番です。

プロゲステロンで着床の準備

排卵後は残った卵胞が黄体に変化して、
その黄体からプロゲステロンが分泌され、
子宮内膜を厚くして受精卵が着床するためのベッドを作ります。

そのベッドに受精卵が着床すれば、めでたく妊娠成立ということになります。

妊娠不成立ならば月経

一方、受精卵が着床しなかった場合は、このベッドは不要になります。

使われずに古くなったベッド (=子宮内膜) は剥がれ落ち、
血液とともに膣を通って体外に排出されます。
これが月経です。
月経は女性ホルモンの分泌によって起こる生理反応です。

女性はおよそ28日の周期で月経を繰り返します。
生まれて初めての月経 (初経) は思春期に起こることが多く、
50歳くらいで「閉経」となり、月経はもう起こらなくなります。

月経回数が多い女性は子宮筋腫ができやすい

以上のように、月経が盛んな女性の年齢層と、
子宮筋腫ができやすい女性の年齢層は、ほぼ重なっていることが分かります。

では、月経回数が多い女性はなぜ子宮筋腫ができやすいのでしょうか?
簡単に言えば、月経回数が多ければ女性ホルモンの分泌が多くなり、
筋腫が成長しやすいということなのですが、
女性の出産事情も深く関連していると言われます。

このことについては、若い女性の子宮筋腫が増えた理由で詳しく説明します。