1. ホーム
  2. 子宮筋腫の基礎知識
  3. 子宮筋腫の原因になり得るもの

子宮筋腫の原因になり得るもの

子宮筋腫の増殖にはエストロゲンが大きく影響していますが、
妊娠・出産経験の少なさ以外にも子宮筋腫の因子は多く論じられています。

ここで紹介するものは、子宮筋腫の原因として考えられるものであり、
明確な子宮筋腫の原因は現代医学では知られていません。
改善のヒントとして参考にして下さい。

ストレスや生活習慣によるホルモンバランスの乱れ

多くの病気で言われることですが、ストレスは健康を害する原因になります。
美容においても、強いストレスは女性ホルモンのバランスを崩し、
ニキビや肌荒れを起こしやすくなると言われていますね。

子宮筋腫の場合、ストレスによってホルモンバランスが崩れることが原因になるのではないかと懸念されています。
ホルモンバランスとは、エストロゲンとプロゲステロンのバランスです。

「子宮筋腫かもしれない」という不安があったり、
実際に子宮筋腫という診断をされた場合は、
精神的に多大なストレスを抱えてしまいがちです。
しかし、そのストレスによってホルモンバランスを崩し、
さらに子宮筋腫を悪化させてしまう可能性がありますので、
必要以上に悩み込まないことが大切です。

まずは、子宮筋腫の正しい知識を押さえて、
できるだけ不安を少なくするようにしましょう。

また、日常生活や仕事面でも、
不要なストレスは極力なくしていきたいものです。
不規則な生活習慣 (睡眠不足・偏食など) は、
気づかないうちに肉体的・精神的ストレスを徐々に溜めていってしまいます。
思い当たったところから、少しずつでよいので改善していくようにしましょう。

タバコが子宮筋腫を抑止する?

タバコを吸う女性には子宮筋腫が少ないと言われています。
これはニコチンにエストロゲンの分泌を抑える働きがあるためと考えられます。

しかし、ご存じの通り、タバコは万病の元であり、ガンの最大原因です。
子宮筋腫が良性腫瘍であるのに対し、
タバコによって発生するガンは悪性腫瘍ですから、
より深刻な病気を招いてしまいます。

子宮筋腫を予防する目的でタバコを吸うのは絶対にやめましょう。

動物性脂肪が子宮筋腫を育てる

食事と子宮筋腫の関連性もまだまだ解明されていませんが、
動物性脂肪はエストロゲンの分泌を促し、
子宮筋腫を悪化させやすい
と言われています。

肉や乳製品などを好む人は注意しましょう。

月経そのものが子宮筋腫の原因?

成人女性の子宮内では、
排卵 → 子宮内膜の増殖 → 月経というサイクルが、
約28日ごとに繰り返されています。
※月経のしくみについては、月経と女性ホルモンの関係を参照。

子宮内膜は受精卵が着床するときに備えて増殖するわけですが、
受精卵が着床しなかった場合は、
子宮内膜は増殖を中断しなければなりません。

このように順調な増殖を中途でストップさせたときに負荷がかかり、
子宮筋腫を発生させてしまうという説があります。

あるいは、頻繁に子宮内膜が増殖する中で、
筋腫の原因となるような異常な細胞ができてしまうという見方もあります。
いずれにせよ、月経を繰り返すことが子宮筋腫の原因になるという説です。

この説が正しければ、
やはり子どもをたくさん産む女性は必然的に月経回数が少なくなるので、
子宮筋腫になりにくいということになります。

生まれる前に筋腫の芽ができている?

子宮筋層は母親の体内にいるときから形成されています。
このときに筋腫を作る遺伝子によってか、それとも細胞の変異によってか、
何らかの原因で筋腫の芽が作られ、
それが成人後に女性ホルモンの影響を受けて成長するという説があります。

発生してしまった筋腫に最適な対処法を考える

以上のように、筋腫の原因はまだまだ「仮説」の状態であり、
考えられる原因も、遺伝や出産回数といった不可抗力のものが大半です。

原因が分からず、効果的な予防法も見つからないのであれば、
子宮筋腫ができてしまった場合に、
的確な対処法をとるのが最善策ということになります。

まずは、子宮筋腫がどんな病気かを知り、
ご自身の症状に合わせて、できるだけ体への負担が少なく、
再発の可能性が少ない治療法を選びましょう。